浄土真宗本願寺派 瀧上山 善立寺

浄土真宗本願寺派 瀧上山 善立寺
兵庫県神戸市灘区   
 大石北町3番33号
善立寺の電話番号078-861-5396 078-861-5396
善立寺メールお問い合わせ お問い合わせ
関連施設
幼保連携型認定こども園 幼保連携型認定こども園
善立寺へのアクセス アクセス・駐車場有
イメージ画像 人と生まれた喜びを

住職の法話

見出し画像 「住職の法話」

過去の法話

第十四代住職 松岡 文昭の法話風景画像

つながりの中で生きている

 この半年間、新型コロナのことが一日たりとも脳裏から離れた日はありません。七月からは、第二波の懸念も出てきており、しばらく続きそうな新しい生活様式に、皆様も不安を感じておられることと思います。

 すっかり定着した「ソーシャルディスタンス」。あるべき人間関係のあり方とは、矛盾した行動が必要です。「遠くの親類より近くの他人」という諺がありますが、本来、人間は手と手を取り合って助け合う存在です。しかし、ウイルス感染症対策上では、会いたい人に会えない、行きたい所に行けない状況です。

 四月から五月にかけ、皆が不要不急の外出を控え、買い物に行くにも身の危険を感じる程、神経をとがらせていた時、生活に欠かせない食料を買い求めて、スーパーにたくさんの人が押し寄せていました。おそらく店員さんは、私達以上に、自身の感染リスクに恐怖を感じていたのではないでしょうか。

 また、レジにも多くの人が並んでおり、順番を待つ間に、色んなことを考えていました。仕事が出来ずに困っている方もいれば、仕事を休めずに頑張っている人もいる。私はこれまで、スーパーで働いてくださっている方のお陰様を、深く感じたことはありませんでした。

 緊急事態宣言中にも関わらず、食料を買えることは、本当に有り難いことだと感じました。また、遡れば、スーパーに食料を運んでくださる方がいる。その前には生産者がいて、その元となる生き物のいのちが犠牲となって、この私のいのちに繋がっていることが見えてきます。

 仏教には、縁起の教えがあります。因縁の法則とも言います。あらゆる存在は、様々な因と縁によって成り立っているということです。物事には、必ず原因となるものがあって、そこに縁がはたらいて、結果が生じているのです。良いことも悪いことも、すべてがご縁です。どんなご縁に遇うかで結果が変わります。ただし、私の考察力で分かるような因縁もあれば、仏のみぞ知るような、私達には到底分からないこともあります。今回のウイルス感染拡大は、元となる因縁を知りながら隠蔽した為、世界中に拡散したとも言えます。

 いずれにしても、見える所、見えない所でも、繫がりの中にあります。その多くのことが、数限りないお陰様やご苦労があって、私の存在が成り立っています。今は厳しいご縁の中にありますが、出来る限りの対策をとっていきたいと思います。どうぞ、皆様、健康には十分留意して、お過ごしください。

(住職 松岡文昭)