浄土真宗本願寺派 瀧上山 善立寺

浄土真宗本願寺派 瀧上山 善立寺ロゴ ホームボタン

兵庫県神戸市灘区   
 大石北町3番33号
078-861-5396
お問い合わせ

関連施設 
幼保連携型認定こども園


アクセス

イメージ画像 人と生まれた喜びを

本日春季永代経法要を勤めました

 

 本日、午後2時より、春季永代経法要を(本堂・ねはん殿・新納骨堂)において

寺族のみで内勤めを行いました。厳密には、息子の友達2人がたまたま遊びに来て

いましたので、一緒にお参りしてもらいました。

 写真に加えて動画の撮影も行い、この新着情報にアップする予定でしたが、私の

技術力不足で写真のみの掲載となります。

 

 皆様もご承知の通り、今は、人が集まる行事やイベントの全てが何もかも中止や

延期となっていますがお元気でお過ごしでしょうか。また、緊急事態宣言によって

仕事そのものが自粛要請を受け、経済的にも大きなダメージを受けていらっしゃる

方々も多いことと存じます。心からのお見舞いを申し上げます。

 

 これまでは、目に見えない仏さまとのつながり(心のよりどころ)を大切にして

きた法要、仏事までも目に見えないウイルスの恐怖の中においては、皆様をお誘い

して勤めることを断念せざるを得ませんでした。

 ここ数日は、兵庫県や神戸において、新規感染者が数字として出ていない状況ま

できていますが油断はできません。 この新型コロナが広まってから、三密がダメ

だということを何度聞いたことでしょうか。そのため、人が集まる中では仕事が出

来ない、友達にも会えない、ましてや人に近寄らないようにしなければならないと

いった状況が続きました。

 今回、人と人が物理的な距離を取る一方で、人間のつながりは見えない中でも確実

につながっており、あらゆる人々のお陰様のなかで、普通に当たり前に暮らせていた

ことに少し目を向けることが出来ました。これからは、今まで以上に目に見えないも

やあらゆる人々のお隂様を大切にしていけるように努めていきたいと思います。

 

 お釈迦様は、「良いことばかり続かない、悪いことばかりも続かない続かない」と

言われました。人生は、常に流転しながらあるということでしょう。

 こういう状況にあっても、お互いに希望を失わずに、心は常に前向きで元気に暮ら

してほしいと願います。

                                  合掌

 

追伸 この度の法要に際し、法要志(御供)を届けてくださった方々には、

   この場をお借りしまして、心からお礼申し上げます。