浄土真宗本願寺派 瀧上山 善立寺

浄土真宗本願寺派 瀧上山 善立寺ロゴ ホームボタン

兵庫県神戸市灘区   
 大石北町3番33号
078-861-5396
お問い合わせ

関連施設 
幼保連携型認定こども園


アクセス

イメージ画像 人と生まれた喜びを

こころのつながり

 

 今、新型コロナウィルスの感染拡大によって、人とのつながりが

安心感ではなく不安をもたらす状況にあります。

 お釈迦様の教えの根本に縁起という教えがあります。俗に言う

「ご縁」でありますが、あらゆるすべての結果は、因縁によって

生じるということであります。

 私達は目に見えないつながり、多くの人に助けられ支えられ、

多くのいのちの犠牲の中で生かされているのも因縁によるものです。

 目に見えないウィルスの恐怖の中では、人と人との距離を取らな

ければなりません。ソーシャルディスタンス(社会的距離の確保)・

三密を避けるという言葉をよく聞くようになりました。

 確かに適度な距離感を保つことが必要です。しかし、言うまでも

なく、こころはつながってなければなりません。

 緊急事態宣言のさなか、社会生活を維持するため危険な中で

多くの方が働いてくださっています。スーパーで食料品が買える

こと、そこで働いてくださっている方がいることに対して、私自身、

深く考えたことはありませんでした。医療従事者の方に対しても

頭が下がります。

 今は人と人との距離を取らなければなりませんが、結局の所、

人間はつながりの中でしか生きていけないことを考えさせられ

ました。

 そういう中で、世界保健機構(WHO)は、ソーシャルディスタンス

という言葉から、フィジカルディスタンス(物理的距離・身体的距離)

と言い換え始めたそうです。

 これからは、テレワークとかAIが社会に広がっていくと思います

が、これまで以上に優しさのある温かい人間社会になってほしいと

願います。

 皆様どうぞご用心なさって、お元気でお過ごしください。